Profile

Shoemaker / Artist
Noriyuki Misawa / 三澤則行

幼い頃から母親の趣味である美術画集に囲まれて育った三澤は工作や絵画に没頭した少年時代を送る。
学生時代に革靴に魅了されてからは、靴職人を目指し東京で靴作りを学び始める。7年後、新たな修業先、芸術・工芸の街ウィーンへ渡る。それ以来、三澤は芸術・工芸を意欲的に学び、靴を芸術の視点から考えるようになる。その成果がドイツで開催された International Efficiency Contest of Shoemakers 2010 での金メダル、そして名誉賞の両賞受賞である。帰国後の2011年には自身の創作の幅を広げるため革工芸の世界に入り、皮革工芸師に4年間師事する。2014年に銀座の画廊で個展を開催したほか、2015年には日本革工芸展で、靴を題材とした革工芸としては初めて「文部科学大臣賞」受賞を果たす。

その後三澤はニューヨークで見た数々の現代アート作品に影響を受け、靴のアート作品を精力的に製作する。
2017年、フランス、カンヌにて映画祭期間中に作品を世界に向けて発表した他、現代アートの中心地、ニューヨークのチェルシーで個展を開催。

主な受賞歴

2010年
International Efficiency Contest of Shoemakers
(ドイツ国際靴職人技能コンテスト)、金メダル、名誉賞、の両賞受賞。
2015年
第33回 日本革工芸展「文部科学大臣賞」受賞。 ほか多数

主な活動

2013年
日本革工芸会 会員(~2016年)
2014年
東京、銀座で個展を開催
2015年
ニューヨークの靴学校に特別講師として招かれる
2017年
カンヌ映画祭の期間中、インターコンチネンタルカールトンカンヌにて展示会を開催
ニューヨークのチェルシーで個展を開催
2018年
シンガポールの名門ファッションスクール「TaF.tc」で特別講師に就任
隈研吾氏の設計の東京浅草文化観光センターで個展を開催
宮内庁へ納品

主なメディア掲載、出演

2015年
THE RAKE japan edition 創刊2号
BS TBS「世界人」出演
2016年
COMMERCIAL PHOTO 6月号(玄光社)作品掲載
「紳士靴を仕立てる」(STUDIO TAC CREATIVE 刊) 監修
2017年
ロサンゼルスタイムズ作品掲載(2017.5.26)
読売新聞掲載(2017.9.17)
2018年
靴専門誌「シューフィル」表紙掲載、巻頭特集記事掲載