NEWS&BLOG

ねずみにやられた! Mouse attacks shoe

2021.04.26.Mon

 

 

この世に存在するありとあらゆるもの、すべてが、靴のフォルムのレイヤーが重ねられた眼鏡のレンズを通して見ているように見える− 徹底的に靴の芸術性を探求する中で、三澤は自然とこの特殊なレイヤーを手に入れた。レンズ上の靴のフォルムは一定でなく、秩序立って整備された膨大な脳内アーカイブから、自由自在に引き出すことができる。特殊レンズのレイヤーを通して見た、知覚しうるさまざまな対象のイメージや残像が、意識的または無意識に、アーカイブから選択された、いずれかの靴のビジョンとカチッと組み合わさり、一つの像を結ぶとき、三澤のアート作品が生まれる。

オーダーメイドの靴職人として活躍する一方で、美術作品を制作し、発表し続けている三澤。近作「Vehicle」(2019)や「足の巣(Foot’s nest)」(2020)では、近未来的なフォルムとあっと驚くコンセプトで、靴の新たな様式を提示してみせた。

新作では一転、原点にたち返り、1900年代の女性用オックスフォードブーツというクラシックな靴を基調としながら、そのエレガントな靴が、アニメでお馴染みのチーズよろしく、ねずみにやられてしまった!−そんな、見る者を破顔させる、ユーモラスな革の彫刻だ。

イメージを形作る過程で想起されたのは、数年前にニューヨークのイサム・ノグチ庭園美術館で見た、ノグチの作品の残像だったという。

「すべての芸術に対して謙虚であれ。あらゆる芸術にヒントがある」−三澤がアーティストとして心の師と仰ぐ、皮革工芸作家猪俣伊治郎の言葉は、作品制作におけるインスピレーションの源泉だ。

新作は、ユーモラスでありながら、その欠損のイメージは、現在世界を揺るがしているものの存在を暗示する。新型ウイルスの感染拡大により、好むと好まざるに関わらず、既存の価値観や生活スタイル、社会システムの転換が求められる中、三澤が伝統の象徴であるブーツをモチーフとし、その優美なラインを生かしながらも大胆に破壊し、作り出した、見たことのない革の造形は、われわれが日々模索している“新たな在りよう”のイメージを、両の手で一つの具象にし、差し出しているかのようだ。

世界を覆う重く暗いイメージを包含しながらも、えもいわれぬ優雅な曲線の美しさとクスッと笑いを誘うユーモアで巧みに彫り上げられた作品には、終わりの見えない困難な状況を、それでも、笑いながら乗り切っていこうという、三澤の希望が込められている。

“Everything, all sorts of things in the world, appear through multiple-lens spectacles as different aspects of the shoe’s form to me.” Misawa gained this special vision naturally during his ardent quest for beauty of Shoes. The perspectives of the Shoe by the lens changes since Misawa is able to select one freely from the well-organized, archived data in his brain’s library. When the images or after-images of the varied objects that appeared through the special lens combined with the shoe vision selected from this library, consciously or unconsciously, they form an image in his mind – Misawa’s art piece is born.

Misawa creates and exhibits his art pieces while working as an experienced shoemaker. In his recent works, “Vehicle” (2019) and “Foot’s Nest” (2020), Misawa presented a new interpretation of the Shoe; in this new work, he went back to his basics. Using a classic shoe, a lady’s oxford boot from the 1900s, he transformed its esthetic lines to create the impression that it was attacked by a mouse like a piece of cheese in animations – such a humorous leather sculpture gives one a chuckle. He said that the images recalled in his mind during the process of creation were after-images of Isamu Noguchi’s works that he saw at The Isamu Noguchi Garden Museum in NY, several years ago. “Be humble for all arts. There are hints within every art.” This was said by Ichiro Inomata, a leather crafts artist, who was Misawa’s great mentor as an artist. Inomata’s words are an Misawa’s inspiration for his creations.

His new work is humorous, yet, the missing parts imply that there is something world-shaking threatening our lives. The spreading of the novel corona virus forces us to change our set of values, life style, and social system whether we want to or not. Misawa used the boot, a symbol of tradition; despite its grace of curve, he destroyed it boldly, and created the figurative piece that had never been seen before. This piece created by Misawa’s hands resulted in an image with “new form“ that we look for. This leather sculpture evokes heavy and dark images covering the world, which Misawa sophisticatedly sculpted into a union of grace of curve, airy motif and humor. Although we are in a difficult situation with no clear exit, nevertheless, let’s get through this challenging time with laughter – Misawa injects hope into this piece.

 

 

靴アート(Artwork) Noriyuki Misawa

写真(Photo) Kyosuke Baba

文(Text) Azumi Okabe

「START NET」アーティストに選出されました

2020.07.18.Sat

 

 

 

グローバルARTプラットフォーム「START NET」はイギリス・ドイツ・韓国・日本に現地法人を持ち、2021年本格的始動に向けて進んでおります。 日本人アーティストとして、Noriyuki Misawa(三澤則行)が選ばれました。2021年5月からイギリスのサーチギャラリー美術館や韓国でアートフェアに参加予定です。
The global ART platform “START NET” has local subsidiaries in the United Kingdom, Germany, South Korea and Japan, and is proceeding toward full-scale start in May 2021. Noriyuki Misawa was selected as the first Japanese artist. From May 2021, we plan to participate in art fairs in the Saatchi Gallery in England and Korea.
  • 三澤則行 個展 ~ 靴のカタチ ~ モエレ沼公園

      三澤則行 個展 ~ 靴のカタチ ~ <場所> モエレ沼公園 ガラスのピラミッド アトリウム1、アトリウム2、スペース2 (北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1) <日時> 2022年5月26日~29日 11:00~19:00 ※最終日は17時まで <後援&g […]

    2022.05.09.Mon
  • TBS RADIO 「アフター6ジャンクション」

    RHYMESTER 宇多丸さんの TBS RADIO 「アフター6ジャンクション」に出演させていただき、靴アートや漫画化、Global Footwear Awards についてお話しました。         Noriyuki Misawa  三澤則行

    2022.04.14.Thu
  • 「靴のカタチ」〜靴職人三澤則行の軌跡〜

        https://manga.thefaninc.co.jp/misawa/   Noriyuki Misawa 三澤則行

    2022.03.15.Tue
  • Global Footwear Awards / In Conversation With: Noriyuki Misawa

    February 11, 2022 Global Footwear Awards winner,  Noriyuki Misawa, discussed Foot’s Nest , GFA 2021 winning design. Master custom shoemaker Noriyuki M […]

    2022.03.05.Sat
  • Jury’s Comment / GLOBAL FOOTWEAR AWARDS

                           ・                      ・                      ・ Jury Julia Lebosse What a magnificent and gorgeous piece! In complete cont […]

    2022.02.10.Thu
  • 「BEST OVERALL WINNER」the GLOBAL FOOTWEAR AWARDS

    GLOBAL FOOTWEAR AWARDS で「BEST OVERALL WINNER(総合優勝)」を受賞しました!世界53か国の参加者の中から、芸術部門に出品した靴アート作品『足の巣』が選ばれました。プラダのデザイナーや出版関係者など30名の審査員に評価いただきました。大変光栄です。 I won […]

    2022.02.08.Tue
  • 日本経済新聞(NIKKEI newspaper)

    GlobArtisan(グローバルチザン=世界職人)として掲載していただきました。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFK247MX0U1A221C2000000       Noriyuki Misawa  三澤則行

    2022.02.03.Thu
  • InterFM 「Otona no Radio Alexandria」

    Robert Harris(ロバートハリス)さんナビゲートの、InterFM 「Otona no Radio Alexandria」に出演させていただきました。     https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220127110000 […]

    2022.01.28.Fri
  • “PT magazine” for Saison Platinum Card members

    セゾンプラチナカード会員用「PT magazine」に掲載していただきました。 Featured in “PT magazine” for Saison Platinum Card members.   https://saisonplatinum.com/a_p/ […]

    2022.01.23.Sun
  • Latest Video

      Noriyuki Misawa 三澤則行

    2021.12.10.Fri
  • Latest work “MUSIC Ⅴ – Silence, Sleeping under moonlight”

    ・ 小津安二郎監督、大林宣彦監督作品で知られる「尾道」は、古くから多くの文人墨客が訪れ、その足跡を残した芸術文化の香り高いまちです。2021年、Noriyuki Misawa を代表する「MUSIC」シリーズ発表の場所として私たちが辿り着いたのが、尾道です。 “Onomichi”– this cit […]

    2021.12.05.Sun
  • Latest work “MUSIC Ⅳ – Clarinet”

    ・ 小津安二郎監督、大林宣彦監督作品で知られる「尾道」は、古くから多くの文人墨客が訪れ、その足跡を残した芸術文化の香り高いまちです。2021年、Noriyuki Misawa を代表する「MUSIC」シリーズ発表の場所として私たちが辿り着いたのが、尾道です。 “Onomichi”– this cit […]

    2021.12.05.Sun