NEWS&BLOG

Tokyo 2020 Olympics opening ceremony ~Shoes by Noriyuki Misawa~

2021.08.03.Tue
東京2020オリンピック、開会式での熊谷和徳氏のタップダンスパフォーマンスで Noriyuki Misawa(三澤則行)の靴を履いていただきました。

Tokyo 2020 Olympics opening ceremony.
Dance performance by Kazunori Kumagai.
Shoes by Noriyuki Misawa.

至高のアート Supreme Art

2021.06.30.Wed

 

 

靴職人で靴アート作家の三澤則行(Noriyuki Misawa)の活動を、「至高のアート Supreme Art」 としてJapan Brand Collection 2021に掲載していただきました。

 

Delivery – Foot’s nest(足の巣)

2021.06.17.Thu
本日、靴のアート作品をお客様の新居(Tatsuro Sasaki Architects)に納品させていただきました。美術館のような空間に飾っていただけて光栄です。
 Foot’s nest(足の巣): Noriyuki Misawa(三澤則行)

三菱UFJニコス「PARTNER」

2021.05.25.Tue

 

三菱UFJニコス会報誌「PARTNER」6月号に掲載していただきました。

 

 

「最先端の東京仕事」特集に、靴職人/アーティスト 三澤則行(Noriyuki Misawa)を選んでいただきました。

 

 

 

ねずみにやられた! Mouse attacks shoe

2021.04.26.Mon

 

 

この世に存在するありとあらゆるもの、すべてが、靴のフォルムのレイヤーが重ねられた眼鏡のレンズを通して見ているように見える− 徹底的に靴の芸術性を探求する中で、三澤は自然とこの特殊なレイヤーを手に入れた。レンズ上の靴のフォルムは一定でなく、秩序立って整備された膨大な脳内アーカイブから、自由自在に引き出すことができる。特殊レンズのレイヤーを通して見た、知覚しうるさまざまな対象のイメージや残像が、意識的または無意識に、アーカイブから選択された、いずれかの靴のビジョンとカチッと組み合わさり、一つの像を結ぶとき、三澤のアート作品が生まれる。

オーダーメイドの靴職人として活躍する一方で、美術作品を制作し、発表し続けている三澤。近作「Vehicle」(2019)や「足の巣(Foot’s nest)」(2020)では、近未来的なフォルムとあっと驚くコンセプトで、靴の新たな様式を提示してみせた。

新作では一転、原点にたち返り、1900年代の女性用オックスフォードブーツというクラシックな靴を基調としながら、そのエレガントな靴が、アニメでお馴染みのチーズよろしく、ねずみにやられてしまった!−そんな、見る者を破顔させる、ユーモラスな革の彫刻だ。

イメージを形作る過程で想起されたのは、数年前にニューヨークのイサム・ノグチ庭園美術館で見た、ノグチの作品の残像だったという。

「すべての芸術に対して謙虚であれ。あらゆる芸術にヒントがある」−三澤がアーティストとして心の師と仰ぐ、皮革工芸作家猪俣伊治郎の言葉は、作品制作におけるインスピレーションの源泉だ。

新作は、ユーモラスでありながら、その欠損のイメージは、現在世界を揺るがしているものの存在を暗示する。新型ウイルスの感染拡大により、好むと好まざるに関わらず、既存の価値観や生活スタイル、社会システムの転換が求められる中、三澤が伝統の象徴であるブーツをモチーフとし、その優美なラインを生かしながらも大胆に破壊し、作り出した、見たことのない革の造形は、われわれが日々模索している“新たな在りよう”のイメージを、両の手で一つの具象にし、差し出しているかのようだ。

世界を覆う重く暗いイメージを包含しながらも、えもいわれぬ優雅な曲線の美しさとクスッと笑いを誘うユーモアで巧みに彫り上げられた作品には、終わりの見えない困難な状況を、それでも、笑いながら乗り切っていこうという、三澤の希望が込められている。

“Everything, all sorts of things in the world, appear through multiple-lens spectacles as different aspects of the shoe’s form to me.” Misawa gained this special vision naturally during his ardent quest for beauty of Shoes. The perspectives of the Shoe by the lens changes since Misawa is able to select one freely from the well-organized, archived data in his brain’s library. When the images or after-images of the varied objects that appeared through the special lens combined with the shoe vision selected from this library, consciously or unconsciously, they form an image in his mind – Misawa’s art piece is born.

Misawa creates and exhibits his art pieces while working as an experienced shoemaker. In his recent works, “Vehicle” (2019) and “Foot’s Nest” (2020), Misawa presented a new interpretation of the Shoe; in this new work, he went back to his basics. Using a classic shoe, a lady’s oxford boot from the 1900s, he transformed its esthetic lines to create the impression that it was attacked by a mouse like a piece of cheese in animations – such a humorous leather sculpture gives one a chuckle. He said that the images recalled in his mind during the process of creation were after-images of Isamu Noguchi’s works that he saw at The Isamu Noguchi Garden Museum in NY, several years ago. “Be humble for all arts. There are hints within every art.” This was said by Ichiro Inomata, a leather crafts artist, who was Misawa’s great mentor as an artist. Inomata’s words are an Misawa’s inspiration for his creations.

His new work is humorous, yet, the missing parts imply that there is something world-shaking threatening our lives. The spreading of the novel corona virus forces us to change our set of values, life style, and social system whether we want to or not. Misawa used the boot, a symbol of tradition; despite its grace of curve, he destroyed it boldly, and created the figurative piece that had never been seen before. This piece created by Misawa’s hands resulted in an image with “new form“ that we look for. This leather sculpture evokes heavy and dark images covering the world, which Misawa sophisticatedly sculpted into a union of grace of curve, airy motif and humor. Although we are in a difficult situation with no clear exit, nevertheless, let’s get through this challenging time with laughter – Misawa injects hope into this piece.

 

 

靴アート(Artwork) Noriyuki Misawa

写真(Photo) Kyosuke Baba

文(Text) Azumi Okabe

ねずみにやられた! Mouse attacks shoe

2021.04.26.Mon

 

この世に存在するありとあらゆるもの、すべてが、靴のフォルムのレイヤーが重ねられた眼鏡のレンズを通して見ているように見える− 徹底的に靴の芸術性を探求する中で、三澤は自然とこの特殊なレイヤーを手に入れた。レンズ上の靴のフォルムは一定でなく、秩序立って整備された膨大な脳内アーカイブから、自由自在に引き出すことができる。特殊レンズのレイヤーを通して見た、知覚しうるさまざまな対象のイメージや残像が、意識的または無意識に、アーカイブから選択された、いずれかの靴のビジョンとカチッと組み合わさり、一つの像を結ぶとき、三澤のアート作品が生まれる。

オーダーメイドの靴職人として活躍する一方で、美術作品を制作し、発表し続けている三澤。近作「Vehicle」(2019)や「足の巣(Foot’s nest)」(2020)では、近未来的なフォルムとあっと驚くコンセプトで、靴の新たな様式を提示してみせた。

新作では一転、原点にたち返り、1900年代の女性用オックスフォードブーツというクラシックな靴を基調としながら、そのエレガントな靴が、アニメでお馴染みのチーズよろしく、ねずみにやられてしまった!−そんな、見る者を破顔させる、ユーモラスな革の彫刻だ。

イメージを形作る過程で想起されたのは、数年前にニューヨークのイサム・ノグチ庭園美術館で見た、ノグチの作品の残像だったという。

「すべての芸術に対して謙虚であれ。あらゆる芸術にヒントがある」−三澤がアーティストとして心の師と仰ぐ、皮革工芸作家猪俣伊治郎の言葉は、作品制作におけるインスピレーションの源泉だ。

新作は、ユーモラスでありながら、その欠損のイメージは、現在世界を揺るがしているものの存在を暗示する。新型ウイルスの感染拡大により、好むと好まざるに関わらず、既存の価値観や生活スタイル、社会システムの転換が求められる中、三澤が伝統の象徴であるブーツをモチーフとし、その優美なラインを生かしながらも大胆に破壊し、作り出した、見たことのない革の造形は、われわれが日々模索している“新たな在りよう”のイメージを、両の手で一つの具象にし、差し出しているかのようだ。

世界を覆う重く暗いイメージを包含しながらも、えもいわれぬ優雅な曲線の美しさとクスッと笑いを誘うユーモアで巧みに彫り上げられた作品には、終わりの見えない困難な状況を、それでも、笑いながら乗り切っていこうという、三澤の希望が込められている。

 

“Everything, all sorts of things in the world, appear through multiple-lens spectacles as different aspects of the shoe’s form to me.” Misawa gained this special vision naturally during his ardent quest for beauty of Shoes. The perspectives of the Shoe by the lens changes since Misawa is able to select one freely from the well-organized, archived data in his brain’s library. When the images or after-images of the varied objects that appeared through the special lens combined with the shoe vision selected from this library, consciously or unconsciously, they form an image in his mind – Misawa’s art piece is born.

Misawa creates and exhibits his art pieces while working as an experienced shoemaker. In his recent works, “Vehicle” (2019) and “Foot’s Nest” (2020), Misawa presented a new interpretation of the Shoe; in this new work, he went back to his basics. Using a classic shoe, a lady’s oxford boot from the 1900s, he transformed its esthetic lines to create the impression that it was attacked by a mouse like a piece of cheese in animations – such a humorous leather sculpture gives one a chuckle. He said that the images recalled in his mind during the process of creation were after-images of Isamu Noguchi’s works that he saw at The Isamu Noguchi Garden Museum in NY, several years ago. “Be humble for all arts. There are hints within every art.” This was said by Ichiro Inomata, a leather crafts artist, who was Misawa’s great mentor as an artist. Inomata’s words are an Misawa’s inspiration for his creations. 

His new work is humorous, yet, the missing parts imply that there is something world-shaking threatening our lives. The spreading of the novel corona virus forces us to change our set of values, life style, and social system whether we want to or not. Misawa used the boot, a symbol of tradition; despite its grace of curve, he destroyed it boldly, and created the figurative piece that had never been seen before. This piece created by Misawa’s hands resulted in an image with “new form“ that we look for. This leather sculpture evokes heavy and dark images covering the world, which Misawa sophisticatedly sculpted into a union of grace of curve, airy motif and humor. Although we are in a difficult situation with no clear exit, nevertheless, let’s get through this challenging time with laughter – Misawa injects hope into this piece.

 

 

靴アート(Artwork) Noriyuki Misawa

写真(Photo) Shinichi Ichikawa

文(Text) Azumi Okabe

 

Exhibition at gallery ATELIER

2021.02.05.Fri

 

2月6日にオープンする南青山のギャラリー「gallery ATELIER」。光栄なことにその第一回目の展示・受注会に選んでいただきました。この展示会のための渾身の新作「オオカミ」(履く靴です)の発表に加え、5点ほど過去作品の展示も行います。三澤在廊は6、7、13日の13:00~17:00です。皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

Exhibition at gallery ATELIER
6th – 14th January 2021 (12:00 – 17:00)
東京都港区南青山6丁目6-22-1F

 

 

Movie「Shoes That Jump Toward the Future」

2021.01.30.Sat

 

 

Masaya Kato(Director , Camera) Web Site:http://www.masaya-kato.com

 

<日本の靴150年記念イベント>

三澤則行 作品展 ~ 未来へ跳ぶ靴 ~ Noriyuki Misawa Exhibition in Tokyo ~ Shoes That Jump Toward the Future ~

<主催>

クツミライ・パートナーズ /シューフィル

<日時・場所> 2020年11月23~29日 10:00~18:00 浅草文化観光センター7F

 

 

 

<日本の靴150年記念イベント> Noriyuki Misawa Exhibition

2020.11.08.Sun

 

 

<日本の靴150年記念イベント>
三澤則行 作品展 ~ 未来へ跳ぶ靴 ~
Noriyuki Misawa Exhibition in Tokyo ~ Shoes That Jump Toward the Future ~
<主催>
クツミライ・パートナーズ
シューフィル
<日時・場所>
2020年11月23~29日 10:00~18:00
浅草文化観光センター7F
東京都台東区雷門2-18-9

 

  • Tokyo 2020 Olympics opening ceremony ~Shoes by Noriyuki Misawa~

    東京2020オリンピック、開会式での熊谷和徳氏のタップダンスパフォーマンスで Noriyuki Misawa(三澤則行)の靴を履いていただきました。 Tokyo 2020 Olympics opening ceremony. Dance performance by Kazunori Kumagai […]

    2021.08.03.Tue
  • 至高のアート Supreme Art

        靴職人で靴アート作家の三澤則行(Noriyuki Misawa)の活動を、「至高のアート Supreme Art」 としてJapan Brand Collection 2021に掲載していただきました。  

    2021.06.30.Wed
  • Delivery – Foot’s nest(足の巣)

    本日、靴のアート作品をお客様の新居(Tatsuro Sasaki Architects)に納品させていただきました。美術館のような空間に飾っていただけて光栄です。  Foot’s nest(足の巣): Noriyuki Misawa(三澤則行)

    2021.06.17.Thu
  • 三菱UFJニコス「PARTNER」

      三菱UFJニコス会報誌「PARTNER」6月号に掲載していただきました。     「最先端の東京仕事」特集に、靴職人/アーティスト 三澤則行(Noriyuki Misawa)を選んでいただきました。      

    2021.05.25.Tue
  • ねずみにやられた! Mouse attacks shoe

        この世に存在するありとあらゆるもの、すべてが、靴のフォルムのレイヤーが重ねられた眼鏡のレンズを通して見ているように見える− 徹底的に靴の芸術性を探求する中で、三澤は自然とこの特殊なレイヤーを手に入れた。レンズ上の靴のフォルムは一定でなく、秩序立って整備された膨大な脳内アー […]

    2021.04.26.Mon
  • ねずみにやられた! Mouse attacks shoe

      この世に存在するありとあらゆるもの、すべてが、靴のフォルムのレイヤーが重ねられた眼鏡のレンズを通して見ているように見える− 徹底的に靴の芸術性を探求する中で、三澤は自然とこの特殊なレイヤーを手に入れた。レンズ上の靴のフォルムは一定でなく、秩序立って整備された膨大な脳内アーカイブから、自 […]

    2021.04.26.Mon
  • Exhibition at gallery ATELIER

      2月6日にオープンする南青山のギャラリー「gallery ATELIER」。光栄なことにその第一回目の展示・受注会に選んでいただきました。この展示会のための渾身の新作「オオカミ」(履く靴です)の発表に加え、5点ほど過去作品の展示も行います。三澤在廊は6、7、13日の13:00~17:0 […]

    2021.02.05.Fri
  • Movie「Shoes That Jump Toward the Future」

        Masaya Kato(Director , Camera) Web Site:http://www.masaya-kato.com   <日本の靴150年記念イベント> 三澤則行 作品展 ~ 未来へ跳ぶ靴 ~ Noriyuki Misawa Exhibitio […]

    2021.01.30.Sat
  • Shoes That Jump Toward the Future 未来へ跳ぶ靴

        靴職人、そして靴アート作家(アーティスト)としての三澤則行のキャリアや活動を取材していただき、コピーライター松塚しのぶさんに書いていただきました。カンヌ映画祭での展示までの苦悩や、シド・ミード氏へのトリビュート作品についてなど、ぜひご覧ください。  

    2020.12.18.Fri
  • <日本の靴150年記念イベント> Noriyuki Misawa Exhibition

        <日本の靴150年記念イベント> 三澤則行 作品展 ~ 未来へ跳ぶ靴 ~ Noriyuki Misawa Exhibition in Tokyo ~ Shoes That Jump Toward the Future ~ <主催> クツミライ・パートナーズ シューフィル […]

    2020.11.08.Sun
  • 「時代をリードした靴 24」at SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

      日本の靴150周年のイベントがSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE で9/19(SAT)~20(SUN)に開催されました。「時代をリードした靴 24」に三澤の作品”Decorated Outsole(靴底の装飾)”が選出され展示していただきました。ご来場いただいた皆様、そして […]

    2020.09.23.Wed
  • TBS RADIO 「アフター6ジャンクション」

          RHYMESTER 宇多丸さんの TBS RADIO 「アフター6ジャンクション」に出演させていただきました。今回は2回目の出演でしたのでリラックスしてたくさんお話させていただきました。こちらから視聴可能です。 世界のセレブが惚れる靴作家・三澤則行が提案する […]

    2020.08.21.Fri